« 「スケバン刑事」を2回鑑賞 | トップページ | 高校同期に関するシンクロニシティ »

2006/10/23

松田優作 最初の映画・最後の映画

来月が命日ということで、松田優作関連のDVDがいくつか出ますね

個人的には、中2のとき生まれて初めて一人で観た大人の映画で、ビデオも含めて20年観ていないくせに、いつも心の隅にある優作デビュー映画


狼の紋章 DVD 狼の紋章

販売元:東宝
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


と、

社会人最初の年に配属先の大阪で観た、大阪ロケの優作ラスト映画


ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション(HD-DVD) DVD ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション(HD-DVD)

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する


の2本の発売は、理屈を超えて嬉しいものがあります。

一般的には、優作といえば「太陽にほえろ!」や「俺たちの勲章」や「探偵物語」(TV)や「探偵物語」(映画)や「遊戯」シリーズや「蘇る金狼」や「家族ゲーム」や「それから」だったりするのでしょうが、僕にとっては突き詰めるとこの2本。
(次点は記憶喪失のボクサー役を演じた『新・夢千代日記』かな)

あと、

松田優作 ALIVE ~アンビバレンス~ 公式海賊盤 DVD-BOX 初回限定版 DVD 松田優作 ALIVE ~アンビバレンス~ 公式海賊盤 DVD-BOX 初回限定版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

も、気になってます。

こちらは、「ブラック・レイン」でも競演した内田裕也氏とのデュエットが2曲観られるらしいことのほうが関心対象ですが。

それにしても11月6日で、あれから17年とは!

そして、優作の享年と同じ年を自分が迎えるとは!






|

« 「スケバン刑事」を2回鑑賞 | トップページ | 高校同期に関するシンクロニシティ »

コメント

こんにちわ。
私が初・再放送、ビデオ、DVDなどで繰り返しよく見た優作ベストファイブは、
・蘇える金狼
・探偵物語(テ)
・ブラックレイン
・ヨコハマBJブルース
・嵐が丘
です。

優作氏急逝を伝える89年11月7日の朝刊トップ記事の衝撃は今でも憶えています...
病気入院のことはほとんど知られていなかったので、もう「いきなり逝った」というカンジでしたね。

投稿: ギース | 2006/10/25 17:17

ギースさん、ありがとうございます。
ベストファイブ、いい感じですね。
特にBJと嵐が丘は、特にギースさんらしい渋いセレクトだと思いました。

11月7日朝、出社して同期の女性から「松田優作死んだなー」(※大阪弁)とあっさり言われ、あわてて拡げた新聞の衝撃は僕も忘れられません。
人生で、あれほど「なんじゃ、こりゃー!」だったことは、後年のアンディ・フグの訃報ぐらいだと思います。

投稿: rakosuke | 2006/10/26 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/3934293

この記事へのトラックバック一覧です: 松田優作 最初の映画・最後の映画:

» 狼の紋章 [1-kakaku.com]
狼人間であることを隠しながら生きる犬神明(志垣太郎)。彼が転校してきた高校は、暴力団幹部を父に持つ羽黒(松田優作)が学園全体を仕切っていた。何かと羽黒にたてつく明に業を煮やし、ついに羽黒は明が想いを寄せる教師・晶子(安芸晶子)を拉致し、明をおびきよせるが…。 平井和正のウルフガイ・シリーズ第1作の同名小説を原作に、松本正志監督が手がけたSFホラー・バイオレンス映画。今では松田優作の映画デビュー作として語られることの多い作品でもある。さすがに特殊メイクなど今の目で見据えると厳しいも... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 12:15

« 「スケバン刑事」を2回鑑賞 | トップページ | 高校同期に関するシンクロニシティ »