トップページ | 2006年11月 »

2006/10/29

「映画秘宝」 12月号

映画秘宝 2006年 12月号 [雑誌] Book 映画秘宝 2006年 12月号 [雑誌]

販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙とはまったく異なる内容がうれしい。

(一応、表紙関連で『手紙』の記事も1ページあり)

新作では、

ドラゴン・スクワッド
父親たちの星条旗
デスノート the last name

旧作では、
ナチュラル・ボーン・キラーズ
ブラック・レイン

あたりの記事が関心対象。

あと、丹波哲郎の追悼特集とか、石井聰互監督「シャッフル」に関する森達也インタビューとか。

「デス・ノート」金子修介監督のインタビューでは、

(製作側が)僕に話を持ってきたのは、キチンとした娯楽映画に仕上げてほしいって要望があったんじゃないかな。

月もLも天才なんだけど“結局は子供だろ”ってのが、僕の中にはあります。人の命をゲームのネタに使ったりしてさ。でも、逆に彼らが子供だから愛しいって部分もあるんですね。

という発言が印象に残る。早く観たい。

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」は、94年公開時にアメリカの劇場前方で浴びるように2回観た作品。
今回の記事を読んで久々にDVDを取り出し1時間分ぐらい観てみたが、自分の映画観に間違いなく影響を与えてくれた作品だと再認識した。
ストーリーとかキャラクターはそれほど好きではないものの、映像と音のコラージュ感がたまらない。

ちなみに「映画秘宝」は、年に3・4回買う程度のつきあいが7年ぐらい続いている。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

続・6年ぶりにMacユーザーになり中

ここ1週間、にわかMacユーザーとしてやってきたことのメモ。

・DockとHDDのアイコンを下から左に移動。目線の動きのせいか、マウスを左手で使っているせいか(右利きながらマウスだけそうしている)、この方が使いやすいと実感。

・遅ればせながらExposéを気に入り、必要以上についついいじってしまう。マウス(Win用)のスクロールボタンに割り付けて、更に便利。

Firefox2をインストール。今のところ、タブを右端クリックで閉じられるようになったのがありがたい。これから、機能拡張にも挑戦してみたい。(今までやったのは前バージョンのときに入れたhatenabarのみ)

・ノートソフト探しの一環で、NewNotepad Proを試用開始。まだ使い方も機能よく分かっていない段階だが、アイコンは好き。

・先月の「Mac Fan」(表紙の横山剣につられた)に続いて、「Mac People」12月号を購入。

Mac People (マックピープル) 2006年 12月号 [雑誌]

-Firefox2早わかりガイド

-特集1 名人が教えるOS Xの将譜

-Mac OS X とっておきのカスタマイズレシピ ※綴じ込み付録

あたりは、ネットで拾えば拾える情報だと思うのだが、紙で一覧できるのが見やすくていい。カスタマイズレシピに載っていた「スクリーンセーバーをデスクトップにする」は近々、試してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

「県庁の星」とDVDで再会

今のところ、今年いちばん好きな映画「県庁の星」DVDがついに発売、ということを思い出し、遠回りしてTSUTAYAで購入してきた。


県庁の星 スタンダード・エディション DVD 県庁の星 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

気に入っていたシーンだけピックアップして観てみて、やっぱり、この映画が好きなことを再認識。

あちこち都合良い展開だったり、少し鼻についたり、照れ臭かったりもあるのだけど、それらをはるかに超えて、主役の2人の演技と明快なストーリーと、そして音楽が幸せ感を与えてくれる。

柴崎コウは、これと「メゾン・ド・ヒミコ」が僕にとって双璧。
表情とか話し方とか歩き方とか、なんとも言えずすばらしいと思ってしまう。

週末は、通しで観て、ひさびさにパンフやシナリオにも目を通したりしながら、もう少し、この映画に浸ってみよう。

Kenchou



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

高校同期に関するシンクロニシティ

数日前の22時過ぎのこと。

1)中学および高校の同期Aが、mixiで○千アクセス達成というのを日記で発表。読んでみると、なんと自分がその該当者。それをふまえてコメント書き込みをする

2)書き込み中、高校の同期Bから、同期C君の訃報についてメールが届く

3)C君との接点がなかったこともあり、数年ぶりに卒業アルバムを取り出して調べてみると、Aと同じクラスであることが判明する(ちなみにクラス数は11)

4)Aに電話で訃報を連絡する

5)電話を切ったところに、高校同期Dから食事誘い電話がかかってくる

以上、30分ぐらいの出来事。

ふだん、頻繁にやりとりしているわけでもないA・B・Dの3人との接点が短時間に重なったのは、C君のおかげなのだろうか。

ともあれ、この場を借りて、C君のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

松田優作 最初の映画・最後の映画

来月が命日ということで、松田優作関連のDVDがいくつか出ますね

個人的には、中2のとき生まれて初めて一人で観た大人の映画で、ビデオも含めて20年観ていないくせに、いつも心の隅にある優作デビュー映画


狼の紋章 DVD 狼の紋章

販売元:東宝
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


と、

社会人最初の年に配属先の大阪で観た、大阪ロケの優作ラスト映画


ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション(HD-DVD) DVD ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション(HD-DVD)

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する


の2本の発売は、理屈を超えて嬉しいものがあります。

一般的には、優作といえば「太陽にほえろ!」や「俺たちの勲章」や「探偵物語」(TV)や「探偵物語」(映画)や「遊戯」シリーズや「蘇る金狼」や「家族ゲーム」や「それから」だったりするのでしょうが、僕にとっては突き詰めるとこの2本。
(次点は記憶喪失のボクサー役を演じた『新・夢千代日記』かな)

あと、

松田優作 ALIVE ~アンビバレンス~ 公式海賊盤 DVD-BOX 初回限定版 DVD 松田優作 ALIVE ~アンビバレンス~ 公式海賊盤 DVD-BOX 初回限定版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

も、気になってます。

こちらは、「ブラック・レイン」でも競演した内田裕也氏とのデュエットが2曲観られるらしいことのほうが関心対象ですが。

それにしても11月6日で、あれから17年とは!

そして、優作の享年と同じ年を自分が迎えるとは!






| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/10/22

「スケバン刑事」を2回鑑賞

Sukeban

原作もTV版もほとんど縁がなく、また、特定の出演者のファンでもなかったのだが、久しぶりな東映B級アクション臭と丸山昇一&深作健太ブランドに誘われて観てみれば、これがなかなか。

2週続けて観ても尚、再見したいシーンが両手分ぐらいは浮かんでくる作品で、かなりの確率でDVDを買ってしまいそう。

・ノイズで一瞬ゆれる東映マーク
・シルエットと思わせぶりな字体で魅せるオープニング
・CIA黒人女性と竹内力のやりとり(細かいカット割りと画像の揺れがいい)
・空中で爆発する時限爆弾のアップ
・松浦亜弥VS石川梨華のヨーヨー対決(ここでの石川のセリフ『てめえの全存在がうぜえんだよ!』が妙に耳に残る)
・ラストの対決での麻宮サキの名乗りと、それに対する敵の嘲笑

などなど。

正直、学校内のあれこれやネット上の描写など、だるく感じたシーンも少なくないのだが、上記のような各シーンの魅力に加え、全篇通じてのアクション(特に決めポーズ)の切れの良さ、カメラワーク(手持ちが多かったかな)、そして松浦・石川・竹内・窪塚(俊介)の4人の好演で楽しませてもらった。

あちこちのレビューで書かれているように突っ込みどころは色々あるし、興行的にも苦戦しているようだけど、個人的にはヒット作。


『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』公式サイト
http://www.sukeban.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (1)

行く予定(タワー展、小松崎茂展)

今、行こうと思っている展示を2つ、備忘録代わりにピックアップしておきます。

映画やライブに比べると、見逃すことが多いもので。

(青字はリンク先からの引用)


タワー -内藤多仲と三塔物語- 展

http://www.inax.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_000433.html

ギャラリー1(東京):     2006年9月1日(金)〜2006年11月18日(土)
ギャラリー大阪:     2006年12月1日(金)〜2007年2月16日(金)

東京タワー、名古屋テレビ塔、大阪通天閣。実はこれらの構造は、日本で初めて耐震構造を取り入れ、「塔博士」と呼ばれた内藤多仲が設計したもの。多仲を父に、都市を母にもつ、タワー3兄弟の約50年間の変遷とそれぞれの魅力に迫ります。


ぼくらの小松崎茂展

http://www.teipark.jp/event_komatsuzaki.html

逓信総合博物館 平成18年10月7日(土)〜12月3日(日)

本展では、SFイラストレーターの元祖、小松崎茂(大正4年−平成13年)が手がけた切手発行に伴う郵趣品をはじめ、初公開の初期
日本画プラモデルのパッケージ、特撮映画のデザイン資料など500余点を一堂に展示し、その足跡をたどります。

2つとも熱烈な関心対象ではないのだけど、昭和感と未来感が共存する感じが気になります。
「タワー」は、半年ぐらい前に本を買って(装丁がすばらしい!)、白黒写真の質感に心惹かれたのも大きいです。

タワー―内藤多仲と三塔物語


あと、上記以外では、書斎館(南青山)に、HHKBの輪島塗り50万円モデルを見に行く予定。

http://www.shosaikan.co.jp/images/index/hhkb.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6年ぶりにMacユーザーになり中

1ヶ月ぐらいブログ休みをしていた間にやったことの一つが、自宅のメイン機をMac miniにしたこと。

といっても新しく買った訳ではなく、年初に5万円台で購入してDVDプレイヤー代わりにしていた機種を、2年半、メインで使ってきたVAIOノートより優先して使うようになったというだけのことです。

90年代半ば、初めて買ったノート(まだ白黒ディスプレイのPowerBook145)も、その後に買ったデスクトップもMacだった僕ですが、2000年秋にWindows派に転じてから早6年。

さすがにブランクは大きく、無意識に使えるようになるまで、けっこう時間がかかってしまいました。

OS Xは初めてですし、僕の場合、特殊配列なキーボード(HHKB)を組み合わせていて、それとの調整もありましたし。

最近は、日中、Windows環境で仕事しているのと変化がついて、自宅はMacがいいかな、と思うようになってきたりしつつ、もう少し早いマシンが欲しくなる今日この頃。

あと欲しいのは、紙copiのMac版みたいなソフト。

とりあえず見つけたSOHO Notesというノート・ソフトを試用していますが、英語版だけということもあり、Kacis Note を検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

来年の手帳はイタリアンレッドで

先日、23時半頃、山下書店渋谷南口店で現物を発見。
高さに目をつぶって、購入してみました。

Moleskine Pocket Weekly 12mth Notebook 2007 Red

モレスキンは初めてです。
あちこちでディスプレイされているので、いつかは使ってみようと思いつつキッカケがなかったのですが、今回は色の新鮮さに心惹かれてしまいました。
(この色をイタリアンレッドと呼ぶことはAmazonのレビューで知りました)

中身は必要最小限のシンプルさで、1日3件ぐらいのスケジュールを書く分には問題なさそう。
遊び心を感じさせるのは、表3についてるポケット(蛇腹部分だけ赤になっている)ぐらいで、ちょっと物足りなくもありますが、その分、飽きが来ないような気がします。

僕は、過去に黄色・黄緑・マルチカラーの手帳を使った時期があり、日々使うものの色が気分に与える影響は大きい、と感じました。

イタリアンレッドな手帳を持ち歩く2007年は、どんなものになるのでしょうか。
楽しみです。

あ、ちなみに、過去に1年間同じ手帳を使い通したことがありません。
今は、携帯のスケジュール帳で済ませてます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ初エントリー

他所で同名のブログを続けてきて、先月上旬で1周年を迎えました。
といっても月に6本程度のアップだったせいか、さほど感慨はわかないものでした。

その後、なんとなくブログ休みをとっているうちに、なんとなく環境を変えたい欲がわいてきました。

ココログに正式に移転するかどうかは、まず何本か書いてみて決めるつもりですが、今のところはけっこういいかな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »