« 喫茶銀座は、やっぱり落ち着く | トップページ | 実相寺監督を追悼した4日間 »

2006/11/28

腰痛を減らすためにやっている3つのこと

気がつけば、ここ2ヶ月程、腰痛が継続している。 といっても、前屈みになったり、寝返りを打ったりするとき以外には、痛みを感じない程度なのだが、さすがにこれだけ続いていると気分が悪く、先週から、とりあえず、次の3つを実践して、痛みを軽減中。

1.寝る前にストレッチをする

2.足を縛って寝る

3.日中、「ホカロン 貼るタイプ」を貼る

1は、その昔、空手の初級クラスで、準備体操の一環としてやったストレッチを思い出しながらちまちまと。
その中には、あとで思えば真向法体操※も組み込まれていて、けっこう気に入っている。

2は、以前ちょっとだけ通った整体で教えてもらったもの(磯谷式療法)。
足を縛るといっても細いひもではなく、太めの布ベルトみたいなやつで、ひざ上をほどほどのきつさでギュッと。
人には見られたくない姿だが、それさえ我慢すれば、起きたときに普段より痛みが少ないと感じる。
いかに普段、がに股で寝ていて、それが腰に負担をかけているのか気づかされる。

3は、まあ、そのまま。

以上3つ、始めてから1週間程度だが、けっこう楽になってきたのは、ありがたい。

※真向法体操(社団法人 真向法協会)
http://www.makkoho.or.jp/taisuo01.htm

|

« 喫茶銀座は、やっぱり落ち着く | トップページ | 実相寺監督を追悼した4日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫茶銀座は、やっぱり落ち着く | トップページ | 実相寺監督を追悼した4日間 »