« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/28

腰痛を減らすためにやっている3つのこと

気がつけば、ここ2ヶ月程、腰痛が継続している。 といっても、前屈みになったり、寝返りを打ったりするとき以外には、痛みを感じない程度なのだが、さすがにこれだけ続いていると気分が悪く、先週から、とりあえず、次の3つを実践して、痛みを軽減中。

1.寝る前にストレッチをする

2.足を縛って寝る

3.日中、「ホカロン 貼るタイプ」を貼る

1は、その昔、空手の初級クラスで、準備体操の一環としてやったストレッチを思い出しながらちまちまと。
その中には、あとで思えば真向法体操※も組み込まれていて、けっこう気に入っている。

2は、以前ちょっとだけ通った整体で教えてもらったもの(磯谷式療法)。
足を縛るといっても細いひもではなく、太めの布ベルトみたいなやつで、ひざ上をほどほどのきつさでギュッと。
人には見られたくない姿だが、それさえ我慢すれば、起きたときに普段より痛みが少ないと感じる。
いかに普段、がに股で寝ていて、それが腰に負担をかけているのか気づかされる。

3は、まあ、そのまま。

以上3つ、始めてから1週間程度だが、けっこう楽になってきたのは、ありがたい。

※真向法体操(社団法人 真向法協会)
http://www.makkoho.or.jp/taisuo01.htm

| | コメント (0)

2006/11/13

喫茶銀座は、やっぱり落ち着く

先週、久しぶりに恵比寿の喫茶銀座に行ってきました。

喫茶 銀座
http://kissaginza.com/
http://r.gnavi.co.jp/g719100/

ここは、44年前開業と聞いて素直に納得してしまうような外観・内装を持つ昭和テイストの喫茶店。

2002年からはDJブースやミラーボールを入れて夜の営業をやっていて、僕は2年前から、ときどき足を運んでいます。

Kissaginza

椅子がゆったりしてて、いろんな音楽が聴けて、食事も適度に美味しくて、お店の人も感じ良くて・・・と、僕にとっては、気持ちよく時間を過ごせる店です。

以前、あるセミナーで、「何かあれば、この店に行けばいい」と思えるような店を知っていることがストレス軽減に役立つ、というのを聞いたことがあるのですが、それであれば、喫茶銀座は、間違いなく僕にとってそんな店のひとつ。

健康のためにも(?)、これからも、1人とか2人とか10人とかで、行き続けるでしょう。

なお、外観は、下記ページに掲載されています。

喫茶 銀座(05.10/18, new+retro 恵比寿)
http://wiki.livedoor.jp/town_ebisu/d/%B5%CA%C3%E3%A1%A1%B6%E4%BA%C2

 

<おまけ>
前掲の写真と共に、数ヶ月前にここで飲み会やったときの1枚で、たぶんメニューの表紙。

Kissaginza2

まあ、「匂艶 THE NIGHT CLUB」という感じでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

スタバのクリスマスカップ、去年との違い

スタバで、日本進出10周年記念サービスが終わったと思ったら、20円値上げとクリスマスが到来。

そんな中、「本日のコーヒー」を頼んでみると、カップはこの通り。

Staba2006full

僕にとっては、かなり好きな感じ。

何といっても、このホルダー。

Staba2006belt

他にも青と緑があるようで、今後、入手してみたいと思っています。

さて、このホルダーを外した状態で、去年のと比べてみました。


今年(2006年)

Staba2006


去年(2005年)

Staba2005

去年の写真は、当時、ブログ用に撮りながら掲載しそびれてたもの。
1年経って、ようやく役に立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

映画「県庁の星」ブックマーク集

先日、DVDを買って以降、あらためてハマってしまっている「県庁の星」 の記事を、自分用にまとめ。


公式サイト  ※ドメインは kaikaku-movie.jp

織田裕二さん、柴咲コウさんの共演が実現!「県庁の星」製作報告会見 (05. 11/29)

日本映画の星、スーパーな共演。「県庁の星」完成披露会見 (2/6)

柴咲コウ:織田裕二が「憎たらしい」? 「県庁の星」完成披露(2/6, MSN毎日インタラクティブ)

間もなく公開!「県庁の星」バレンタイン舞台挨拶 (2.14)

“県庁さん!”コールに感激。「県庁の星」初日舞台挨拶 (2.25)

「県庁の星」ホワイトデー・大ヒット御礼舞台挨拶 (3.14)


『県庁の星』織田裕二 インタビュー  (シネマトゥデイ)


以上、特に記載していないのは、東宝のサイトの「映画トピックス」内の記事。

ここは読み応えがあって、ありがたいです。


  県庁の星 スペシャル・エディション 県庁の星 スタンダード・エディション 「県庁の星」オリジナル・サウンドトラック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

渋谷TSUTAYAは、どう変わったか

先日、「県庁の星」DVDを買いに渋谷TSUTAYAに寄ったら、いつの間にか店内がリニューアルされていて、少々びっくり。

内装に木目が取り入れられていたことに加え、フロア構成の変化が目に付きます。


で、記憶とリニューアルパンフを元に、新旧フロア構成を書き出してみました。

6F; BOOK&CAFE (変わらず)
5F; <旧>コミック  →   <新>レンタルDVD(洋画)
4F: <旧>レンタルDVD(邦画)→ <新>レンタルDVD(邦画・アニメ・アダルト)
3F: <旧>レンタルDVD(洋画)→  <新>レンタルCD、レンタルDVD(邦画・TVドラマ)
2F: <旧>DVD・ゲーム →  <新>CD
1F: <旧>DVD(新作、廉価版など)→  <新>DVD(洋画)
B1: <旧>CD  →  <新>コミック、DVD(邦画・アニメ)
B2: <旧>レンタルCD   →  <新>ゲーム、中古(ゲーム、DVD、CD)

※レンタルと書いていないところは、いずれも販売
※旧フロアの3F・4Fは逆だったかも

ユーザーから見ての大きな変更点は、以前は分かれていたレンタル系のフロアが3階から5階に固まり、直感的に分かりやすくなったことでしょうか。

あと、CDがレンタル・販売とも地上階に移ったことで、単純にこの店で音楽に接する機会が増えるように思います。3Fでは、DVDとCDをセットで借りさせるような陳列も可能でしょう。

店頭では気づかなかったのですが、パンフでは、1・2階のスタバで買ったドリンクを全フロアに持ち込めることが強調されています。
「各フロアに設置してあるドリンクホルダーをご利用ください」
「飲み終わったカップは、フロアに設置してあるゴミ箱にお入れ頂くかお近くのスタッフに直接お渡しください」
とのこと。
これで平均滞在時間が長くなるかな。

連休前にレンタルしたときに面白かったのは、邦画(韓国ものも同じフロア)レンタルのレジ前は行列になっていたのに洋画レンタルのほうはすいていたこと。
最近の邦高洋低傾向なのか、たまたまなのか分かりませんが、極端に違っていたのに驚きました。

個人的にさびしかったのは、旧作邦画DVD(販売)の品揃えが少なくなったように見えること。
ちらっと見ただけなので、どこかに隠れてるのかも知れませんが。

<参考>

渋谷「TSUTAYA」が全面改装へ、内装・フロア構成刷新(10/20, シブヤ経済新聞)http://www.shibukei.com/headline/3768/index.html?ref=rss

あと、HMVの上も変化がありました。落ち着くスペースが増えたのは嬉しいです。

青山ブックセンターHMV渋谷店が11月1日にオープン(青山ブックセンター)
http://www.aoyamabc.co.jp/special/hmv-shibuya_open.html


<11/9追記>

そういえば、以前の中古(CD、DVD)売り場について書くのを忘れてました。たしか、4Fか5Fだったと思いますが、憶えている方、いらっしゃいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

♪口笛吹いて空き地へ行った・・・

・・・てのは、かつてNHK教育テレビでやっていた小学校3・4年向けの道徳番組「みんななかよし」の主題歌の歌い出しの部分。

幼稚園の頃から時々観ていたこともあり、僕にとっては音楽体験の原点に含まれてしまう曲です。

この曲が分かる方は、おそらく30半ばから50前半ぐらいの方でしょう。

かなりの数の人が聴いた曲でありながら、その後、耳にする機会はなく(放送は81年で終了したとか)、ときどきネットで話題になっているのを見かけるぐらいでしたが、先月めでたくCD化。

あの日の教室~さわやか3組 NHK子ども番組テーマ集(DVD付) Music あの日の教室~さわやか3組 NHK子ども番組テーマ集(DVD付)

アーティスト:TVサントラ
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2006/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

発売元のページ
http://www.ultra-vybe.co.jp/hotwax/sawayaka/index.html

「みんななかよし」や同じく道徳番組(高学年向け)「明るいなかま」を含めて往年の教育テレビの番組主題歌が、バージョン違いやカラオケも含めて総計50曲ぶち込まれたCD。
凄すぎます。

ネットで告知を読んで興味を持ったものの、さすがにこれを聴くシチュエーションというのが浮かばず迷っていたのだけど、結局、HMVで見つけて買ってしまいました。

僕にとっては、幼稚園や小学校の帰宅後や休みの日に家で観た

・できるかな
・はたらくおじさん
・たのしいきょうしつ
・はてなはてな

あたりに懐かしさを感じる程度なのだけど、大半の知らない曲も含めて、なんかとにかく秘蔵音源がたくさんコンパイルされているという状態自体(アーカイブ感 というべきか)を面白く感じます。

CD時代になってから約四半世紀、あらゆるジャンルで復刻・発掘が進んできた中でも、まだまだ初商品化というものがあるものですね。

特に NHKは、宝の山でしょう。

そういえば、ちょっと前には、同じ人物(濱田高志)の手による

NHK少年ドラマ・シリーズ「タイム・トラベラー」オリジナル・サウンドトラック Music NHK少年ドラマ・シリーズ「タイム・トラベラー」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認す

なんてのも出ました。

音質は著しく悪いものの、世の中に存在するとは思わなかったものがCDになるというありがたみには、充分、金を払う価値は感じます。

<参考>

「タイムトラベラー」オリジナル・サウンドトラック奇跡の復活のいきさつ(BARKS)
http://www.barks.jp/feature/?id=1000027146

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/04

映画都市カワサキ

9月末オープンのラゾーナ川崎(けっこうすごい集客状況)内に109シネマズが出来て、川崎駅近辺のシネコンが3つになりました。

チネチッタ(18本)
http://www.cinecitta.co.jp/index_flash.shtml

TOHOシネマズ川崎(12本)
http://www.kawasaki-dice.com/shop/thc/toho_cinemas.html

109シネマズ川崎(15本)
http://109cinemas.net/kawasaki/index.html

※かっこ内は、本日の上映映画数

僕は、10年程前にチネチッタで映画を観るようになって以来、映画といえば8割方、川崎、という人なんですが、これだけシネコンが密集してきた状況には素直に驚かされます。

当然のごとく、上映作品の重複も発生しています。
ざっと拾ってみると、以下のとおり。

3館上映中

・デスノート the Last name
・手紙
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
・ブラック・ダリア
・父親たちの星条旗(字幕版)
・ワールド・トレード・センター

2館上映中

・7月24日通りのクリスマス
・フラガール
・涙そうそう
・ただ、君を愛してる
・16ブロック

上記をふくめて3館で上映している映画は合計27本。
渋谷あたりには負けるでしょうが、けっこうな本数といえるのではないでしょうか。

「ゆれる」など単館系の作品も取り上げる109シネマズの参入で、多様性も増し、川崎が映画の街になっていくのか、あるいは淘汰されていくのか。

設備や雰囲気、キャラメルポップコーンの味(?)などでの、総合的な満足度は、やはりチネチッタが圧倒的ですが(さすが3年連続日本一)、待ち時間に他のフロアで本やCDを見て時間をつぶしやすいTOHOシネマズ、駅からのアクセスの良さやロビーの椅子がうれしい109シネマズにも、良さがあり、今後いい意味で競い合ってくれることを一観客として願っています。

Kingkong_1











※今年1月にチネチッタというかチッタデラで撮った1枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レザーなノートPC

今月発売になった本革貼りノートPC、ビックカメラ川崎店で現物をちょっとだけ触ってきました。

ASUS S6F Leather Note Collection
http://event.asus.com/jp/2006/asus_nb/index.htm

Asus1_1









一言で言えば、格調高い写真の印象と違わぬ仕上がり。

ある程度、想像の範囲だったので、驚きはしなかったものの、正直、欲しいとは思いましたね。

本体もさることながら、マウスがなかなかいい感触と大きさで、持っていたら必要以上に触ってしまいそうな気がします。

個人的には、近年、「感触」の比重が高まってきて、ボールペンやキーボードは少し高くても気に入ったものを使うようにしているのですが、これもその方向性で視野に入ってくるわけです。

パンフを広げてみたら、

Asus2_1









右側のレザー心あふれる写真がどかーんと載っていて、目を引きました。

製品的にも、標準・大容量のバッテリーを2種類付属しているとか、保証期間が2年とか、目新しい点あり。

興味を持たれた方は、下記記事もどうぞ。



マザーボードで有名なASUSのノートパソコン(11/2, All About)
http://allabout.co.jp/computer/notepc/closeup/CU20061102N/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBクリーナー

昨日、フォルムと伸縮式コード、そしてUSBガジェットであることがが気に入って購入。

値段(900円台)もグッド。

Cleaner











開封してから、ライトやパワーアップ・ボタンがついていることに気づき、お得感は更に高まります。

さっそくキーボードを清掃してみましたが、今まで使ってきたブラシよりも、やはりきれいになりますね。

実用性・デザイン・価格のバランスがとれてて、最近の買い物ではヒットでした。

本体にメーカー名の記載がないのも、謙虚(?)でいい。

※パッケージも捨ててしまったため、具体的な紹介は出来ません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルコール 3休2勤

ここ数ヶ月間、ほぼ毎日、アルコールを口にしていた。

しかし、今週は、

月:ちょい体調不良のため、なんとなく抜く
火:仕事でタクシー帰りになったので抜く
水:仕事で終電帰りになったので抜く
木:3日 抜いて、そろそろ飲みたくなってきて飲む
金:「デスノート」観て、けっこう気分の良い映画だったので飲む

ということで、平日の5日中3日、アルコール抜き、という珍しい状況となった。

火・水は、いつもより帰りが遅かったということだが、そういう状況でも飲んでるときは飲んでることから考えると、無意識レベルで体が要求していなかったといえる。

また、月曜に久々に抜いたところ、

・寝る前にストレッチやる気になる
・翌朝の寝覚めが少しだけいい

という効用を体験し、それがモチベーションとなったような気がする。

 

飲むといっても、最近は、家に帰ってからビールを350ml缶で2・3本飲む程度のことが多く、量はそれほどでもないのだが、今後は意識的に抜いていこうと思ったり思わなかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のシンクロニシティ3本立て

・11時過ぎに起きてテレビをつけたら教育テレビで「グラスホッパー物語」が流れていて、初めて知り、いい曲だと思った。

→ 2時間後、外出して、ふと足元を見たらバッタがいた。


・外出後、立ち寄ったディスカウントストアでDVDのワゴンセールを発見。半額以下ならば良いかと思い、昨年観た「姑獲鳥の夏」と、未見の「着信アリ」を購入。

→気づいてみれば、両方とも堤真一が出演していた。


・「デスノート the Last name」のレイトショーに行った後、帰宅して「着信アリ」を初鑑賞。

→両作品には3つの共通点があることに気づいた。作品中にテレビ局のスタジオが出てくること。日本テレビ製作であること。監督(デスノート;金子修介、着信アリ;三池崇史)が2人とも「ウルトラマンマックス」の監督もやったこと。


以上、シンクロニシティが「意味のある偶然」と定義されることからすると違和感はありつつも、個人的には面白い体験だったので記録してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »