« ♪口笛吹いて空き地へ行った・・・ | トップページ | 映画「県庁の星」ブックマーク集 »

2006/11/06

渋谷TSUTAYAは、どう変わったか

先日、「県庁の星」DVDを買いに渋谷TSUTAYAに寄ったら、いつの間にか店内がリニューアルされていて、少々びっくり。

内装に木目が取り入れられていたことに加え、フロア構成の変化が目に付きます。


で、記憶とリニューアルパンフを元に、新旧フロア構成を書き出してみました。

6F; BOOK&CAFE (変わらず)
5F; <旧>コミック  →   <新>レンタルDVD(洋画)
4F: <旧>レンタルDVD(邦画)→ <新>レンタルDVD(邦画・アニメ・アダルト)
3F: <旧>レンタルDVD(洋画)→  <新>レンタルCD、レンタルDVD(邦画・TVドラマ)
2F: <旧>DVD・ゲーム →  <新>CD
1F: <旧>DVD(新作、廉価版など)→  <新>DVD(洋画)
B1: <旧>CD  →  <新>コミック、DVD(邦画・アニメ)
B2: <旧>レンタルCD   →  <新>ゲーム、中古(ゲーム、DVD、CD)

※レンタルと書いていないところは、いずれも販売
※旧フロアの3F・4Fは逆だったかも

ユーザーから見ての大きな変更点は、以前は分かれていたレンタル系のフロアが3階から5階に固まり、直感的に分かりやすくなったことでしょうか。

あと、CDがレンタル・販売とも地上階に移ったことで、単純にこの店で音楽に接する機会が増えるように思います。3Fでは、DVDとCDをセットで借りさせるような陳列も可能でしょう。

店頭では気づかなかったのですが、パンフでは、1・2階のスタバで買ったドリンクを全フロアに持ち込めることが強調されています。
「各フロアに設置してあるドリンクホルダーをご利用ください」
「飲み終わったカップは、フロアに設置してあるゴミ箱にお入れ頂くかお近くのスタッフに直接お渡しください」
とのこと。
これで平均滞在時間が長くなるかな。

連休前にレンタルしたときに面白かったのは、邦画(韓国ものも同じフロア)レンタルのレジ前は行列になっていたのに洋画レンタルのほうはすいていたこと。
最近の邦高洋低傾向なのか、たまたまなのか分かりませんが、極端に違っていたのに驚きました。

個人的にさびしかったのは、旧作邦画DVD(販売)の品揃えが少なくなったように見えること。
ちらっと見ただけなので、どこかに隠れてるのかも知れませんが。

<参考>

渋谷「TSUTAYA」が全面改装へ、内装・フロア構成刷新(10/20, シブヤ経済新聞)http://www.shibukei.com/headline/3768/index.html?ref=rss

あと、HMVの上も変化がありました。落ち着くスペースが増えたのは嬉しいです。

青山ブックセンターHMV渋谷店が11月1日にオープン(青山ブックセンター)
http://www.aoyamabc.co.jp/special/hmv-shibuya_open.html


<11/9追記>

そういえば、以前の中古(CD、DVD)売り場について書くのを忘れてました。たしか、4Fか5Fだったと思いますが、憶えている方、いらっしゃいますか?

|

« ♪口笛吹いて空き地へ行った・・・ | トップページ | 映画「県庁の星」ブックマーク集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/4036286

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷TSUTAYAは、どう変わったか:

« ♪口笛吹いて空き地へ行った・・・ | トップページ | 映画「県庁の星」ブックマーク集 »