« 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 | トップページ | 先月観た2本(愛の流刑地、どろろ) »

2007/01/31

1月に買った18冊

日本沈没 5 (5)

今年からビジネス書とウェブ本を買うのは極力やめて(正直あきた)、今まであまり行かなかった棚で平積みになっている本を適当にレジに運んでみた。

正直、土地勘のない分野のものばかりで、読むのに時間がかかるし、頭に入ってくる割合も低いが、新鮮ではあった。
もうしばらく、この辺のを読んでみるつもり。

映画「愛の流刑地」を観た流れで、初めて渡辺淳一も購入。
今年は、月に1冊は小説を読もうと決めたが、上巻の途中のまま月を越えてしまった。

小泉官邸秘録

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌

外交敗北――日朝首脳会談の真実

ミサイル不拡散

右であれ左であれ、わが祖国日本

インテリジェンス 武器なき戦争

諜報機関に騙されるな!

「石油の呪縛」と人類

戦後史

栗林忠道 硫黄島からの手紙

名城の由来 そこでなにが起きたのか

知の分類史―常識としての博物学

図解NLPコミュニケーション術―脳のプログラムを入れ替える

「アンアン」1970

タイアップの歌謡史

失楽園〈上〉

失楽園〈下〉

日本沈没 5 (5)

|

« 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 | トップページ | 先月観た2本(愛の流刑地、どろろ) »

コメント

こちらの記事にコメント差し上げるのはちょっと場違いとは思いながらも(笑)。
先日の情報、大変ありがとうございました。返事が遅れ申し訳ありません。
「究極映像研究所」というサイトは不勉強ながらまったく存じませんで、ラコスケさんのご紹介で初めてお邪魔しました。いやーラコスケさんのサイトに劣らず素晴らしいサイトでした。懐かしの「沈没」ラジオ版も拝聴させて頂きました。
セリフ・音楽・SEが織り成す独特の世界がリスナーの想像力を最大限にかき立てる、名番組との認識を新たにしました。

きっとBPさんのようにディープな研究をされる方々が沢山いらっしゃるんでしょうね。それだけでも樋口版「沈没」の果たした役割は大きいと(笑)。
これでまた「沈没」の楽しみが増えました。重ね重ね嬉しい情報ありがとうございました。
寒暖が激しい季節です。風邪などひかれぬよう、お体に気をつけて頑張って下さい。またおじゃまします。

投稿: オタクイーン | 2007/02/01 19:24

オタクイーンさん、いつもありがとうございます。

かなり久々に「沈没」検索をしたところ、BPさんのエントリーに当たったのはラッキーでした。

オタクイーンさんの秘蔵「沈没」コレクション(まだまだ控えているとお察しします)や、当時のエピソードの公開も楽しみにしています!


ちなみに、今回、思いつきで買った本を並べて見て、なんとなく「沈没」からの影響を感じてもいます。

投稿: rakosuke | 2007/02/02 00:47

うむ、よく読んでるなぁ!関心します!
俺なんか、最近は月2~3冊ぐらいしか本読んでないかな?(漫画は除く(^^; )
まあ、読む時間もあんまり無いんだけどね。いや、まあ、探せば時間はあるんだろうけどね。

投稿: YOU | 2007/02/04 01:02

YOUさん、どうも!
遅くなって失礼しました。


>うむ、よく読んでるなぁ!関心します!

いやいや、読んでると買ってるとは違うんで。
上のでも、まだ半分ぐらいはチラ見ぐらいですよ。

軽いビジネス書は、自己流で15分に1冊(内容の理解はともかく)とかいけますが、この辺のは慣れもないし、しばらく時間かかりそうです。

投稿: rakosuke | 2007/02/14 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/4930879

この記事へのトラックバック一覧です: 1月に買った18冊:

« 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 | トップページ | 先月観た2本(愛の流刑地、どろろ) »