« 禁酒36日目、といいつつ一時解禁中 | トップページ | 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 »

2007/01/02

先月観た3本 (犬神家の一族、NANA2、めぐみ)

Inugami

犬神家の一族 @TOHOシネマズなんば
http://www.inugamike.com/

キャストの豪華さ、テーマ曲と風景の美しさ、照明・編集の繊細さを堪能・・・それぐらいしか表現のしようがないのだけど、ミステリー・殺人事件ものが得意でない僕でも2時間強、楽しめたことは確か。

個人的には、一瀬隆重プロデューサー・石坂浩二・市川崑監督のつながりが、大作映画として結実したプロセスに感動を覚える。

後から知ったが、HMV渋谷では、こんなイベントがあったらしい。

【トークショー・レポート】「金田一です。」出版記念トークショー開催 石坂浩二&一瀬隆重による市川崑監督秘話(MovieWalker)
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4605.html?identifier=whats3

二人の関わりは、それぞれの著書「ハリウッドで勝て! 」「金田一です。 」にも書かれている。

それなりの関わりがありながら、この作品まで20年会わなかったということは、何かあったのだろうが、それが立場を変え、時を隔て、また交わるときが来るということに素晴らしさを感じる。


NANA2 @チネチッタ
http://www.nana2-movie.com/

前作で女優としての中島美嘉に興味を持った者としては、ハチのウェイトが高い今作ではちょっと物足りなさを感じたりもしたが、けっこう入り込んで観てしまった。

最初と最後に出てくる新宿アルタ前ゲリラ・ライブのシーンは映像的にパワーがあって良かった。
これがあるのとないのとでは作品の引き締まり具合はかなり違っただろう。

観ながら、歌手が歌手の役を演じた映画として、吉川晃司×大森一樹監督の民川裕司3部作(すかんぴんウォーク、ユー・ガッタ・チャンス、テイク・イット・イージー)のことをボーッ急に思い出した。


めぐみ-引き裂かれた家族の30年 @109シネマズ川崎
http://megumi.gyao.jp/

概ねすでにTV・新聞で知っていた内容ではあるが、劇場で集中して観ることで、かなり感情的に揺さぶられ、けっこう泣けた。

限られた写真・映像素材をうまく組み合わせ、字の出し方、太鼓・横笛など「和」の音楽やめぐみさんやその友人の歌などの音の使い方に工夫があり、予想よりも退屈させない編集がされていたのに感心した。

僕にとって、これが2006年最後の劇場鑑賞作品となった。
2007年は、このような単館系作品も含めて、対象を広げて観ていこうと思う。


以下、東宝映画トピックスより(年はすべて2006年)

<犬神家の一族>

市川崑監督×石坂浩二さんのゴールデンコンビで「犬神家の一族」をリメイク!(1/27)
http://www.toho.co.jp/movienews/0601/08inugamike_sh.html
監督のこだわりを体感!「犬神家の一族」撮影現場取材(5/4)
http://www.toho.co.jp/movienews/0605/02inugamike_sh.html
深田恭子さんが「犬神家の一族」に出演決定!(5/26)
http://www.toho.co.jp/movienews/0605/09inugamike_sk.html
金田一さん、そろそろクランクアップですよ!「犬神家の一族」会見(8/13)
http://www.toho.co.jp/movienews/0608/06inugamike_ck.html
「犬神家の一族」が第19回東京国際映画祭の大トリを飾る!(10/29)
http://www.toho.co.jp/movienews//0610/12inugamike_tk.html
角川映画30周年&市川崑監督バースデイ記念「犬神家の一族」スペシャル試写会舞台挨拶(11/13)
http://www.toho.co.jp/movienews/0611/03inugamike_sp.html
「犬神家の一族」の市川崑監督、「特別功労大章」の栄誉に!(12/1)
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/01inugamike_sp.html
スケキヨがいっぱい!「犬神家の一族」スペシャル試写(12/7)
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/04inugamike_sp.html
「犬神家の一族」超満員スタートを切る!初日舞台挨拶(12/16)
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/13inugamike_sb.html


<NANA2>

ファン待望の映画「NANA 2」製作報告会見!(10/3)
http://www.toho.co.jp/movienews/0610/01nana2_sh.html
「NANA2」のブラストが新宿アルタ前にて屋外ライブを敢行!(10/25)
http://www.toho.co.jp/movienews/0610/10nana2_gl.html
ファン待望の「NANA 2」が、ついに完成!完成披露試写会舞台挨拶(12/6)
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/03nana2_sh.html
大ヒットスタート!「NANA2」初日舞台挨拶(12/9)
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/05nana2_sb.html

|

« 禁酒36日目、といいつつ一時解禁中 | トップページ | 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 »

コメント

ついに樋口版「日本沈没」DVDが発売されましたね。
予約買いしてしまった私は早速鑑賞、例によって下らない雑文をしたためてしまいました。
お恥ずかしいお話ですがまたTBさせていただきます。
お時間ある時にでもご笑覧下さい。

投稿: オタクイーン | 2007/01/20 06:50

オタクイーンさん、コメントに気づくのが遅れてすみませんでした。
そちらのエントリーを拝見しましたが、相変わらず鋭い分析に敬服です。
もちろん「沈没」DVDは購入して、のんびり鑑賞しています。

投稿: rakosuke | 2007/01/24 23:26

おひさしぶりです。
「県庁の星」(スター・リフォーマー)に続き、「日本沈没」も大きな時差なく、タイでビデオCD化されました。
DVD版もカミング・スーンだそうです。

投稿: ギース | 2007/02/20 00:18

ギースさん、「沈没」情報ありがとうございます。
DVDのパッケージが気になります。
もし告知ページをご存知でしたら、教えていただけると幸いです。

それにしても、スター・リフォーマーとは!

投稿: rakosuke | 2007/02/21 23:48

ttp://www.ethaicd.com/list.php?keyword=sinking
商品ページですが、いつ商品IDが変わってしまうかわかりません。

タイでは発売元のサイトは少なく、販売業者の宣伝に任せるパターンが多いようですね。

ttp://www.ethaicd.com/list.php?catid=3
このページの「Japanese / Taiwanese TV series」をクリックすると、ほかのタイ語化された日本映画、TVドラマが出てきます。

「沈没」はまだチラシを捨てずにいたと思いますので、商品パッケージとあわせて、今度スキャンしてみます。

投稿: ギース | 2007/02/22 20:50

ギースさん、遅ればせながらありがとうございます。

このパッケージ、かなりやられますね。
赤使いがグッドです。

沈没チラシ、楽しみにしています!

投稿: rakosuke | 2007/02/25 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/4762198

この記事へのトラックバック一覧です: 先月観た3本 (犬神家の一族、NANA2、めぐみ):

» そして心はメガリスの崩壊 [オタクイーンの「恋するネヴュラ」]
「ちょっと複雑な心境だけどなー。」お仕事の合間を縫って訪れたDVDショップ。 奇 [続きを読む]

受信: 2007/01/20 06:45

» 【読書記番外】タイ語で「獄門島」 [ローリング・ストーンズに関する雑記とその他]
「タイ人は本を読まない」 という風説的定説がある。 実際に、高架鉄道や地下鉄の車両内で通勤中に読書しているタイ人を見かけることは、少ない。... [続きを読む]

受信: 2007/02/20 00:14

» 田中宥久子 体整形マッサージ [田中宥久子 体整形マッサージ]
田中宥久子さんといえばまず造顔マッサージでまず有名になられました。その田中宥久子さんの造顔マッサージの反響があまりにもすごかったためテレビ番組「はなまるマーケット」では大好評だったようです。また黒柳徹子さんがとくに田中宥久子さんのメソッドに...... [続きを読む]

受信: 2007/03/15 03:16

« 禁酒36日目、といいつつ一時解禁中 | トップページ | 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々 »