« 先月観た3本 (犬神家の一族、NANA2、めぐみ) | トップページ | 1月に買った18冊 »

2007/01/21

写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々

先日、渋谷交差点付近を歩いていて、TSUTAYA前で「日本沈没」DVDの柱広告を発見。

Shibuya

作品自体についての評価は正直芳しくないものの、「日本沈没」の4文字・ロゴに心惹かれプロモーションを追っかけ、それを移転前のブログで発信し続けた日々(参考)がある者としては、このデザインに触れただけで反応してしまうわけで、愛機W41CAで撮影した次第。

帰宅してからPC内をあさっていて、1年前、それも同じ1月18日に渋谷で同じようなことをしていたことに気づきました。

Shibuya06

Shibuya06day

横の作品とは違い、公開まで半年以上ある時点での掲示開始(05年12月か06年1月)というのが大作感があり、個人的な「沈没」思い入れを割り引いても興味をひいたものです。

ちなみに、同じ場所は、同じく東宝×TBS×柴咲コウの「どろろ」が引き継ぎました。

Dororo

(昨年末ぐらいまでは柴咲舌出しバージョンで、見上げると、かなりインパクトがあった)


以下、「沈没」を追っかけた日々を写真で回想。


昨年5月末、武道館プレミア試写会。

Budokan1
(Tシャツの背中にも注目)

Budokan2

Budokan3

そして、3時間半後。
Budokan4 

試写会以降、プロモーションが活発に。


6月初旬、名古屋。

Nagoya

Nagoya2


6月下旬、川崎。

Kawsaki2


7月初旬(公開直前)、札幌。

Sapporo_1


旭川。

Asahikawa


浜松町。

Hamamatsuchou


主題歌の看板も出現。恵比寿。

Ebisu


そして7月15日、いよいよ公開。
2日目にとしまえんで行われた樋口監督トークショー開始直前の図。
(左端が、何かと話題になった『名古屋沈没』ポスター)

Toshimaen


7月下旬、川崎駅構内。今回掲載した中では、いちばん好きな写真。

Kawasaki


8月下旬、銀座。
ここでは、9月の最終上映で鑑賞。

Ginza


9月中旬、「日本以外全部沈没」が、渋谷に続いて川崎で公開。

Allchinbotsu


で1週間だけ、「沈没」と「全部沈没」が同じ劇場で公開されるという状況に。

Wchinbotsu


4ヶ月後、我が家では仲良くDVDが同居中。

Dvd

いずれも、オーディオ・コメンタリー(『沈没』は、樋口監督×草なぎ剛、『全部沈没』は、河崎監督×村野武範)が楽しい。
「沈没」スペシャル~エディションの特典の台本・ストーリーボードは、たしか渋谷タワレコで展示してました。(1月19日時点)

最近、仕事で、ある状況下にて一言一句にキリキリするようなことが続き、正直かなり疲れていたのですが、今回のエントリーまとめたら、少しスッキリしました。
また、ぼちぼちでもブログは続けるようにします。

最後に、以前よりお世話になっている「沈没」仲間のエントリーを紹介しておきます。
さすが、お二人とも早いですね。
これからもよろしくお願いします。

日本沈没DVDスペシャル・コレクターズ・エディション購入(1/18, 太っちょうさぎの天然のほほん雑記帳)
http://futousa.at.webry.info/200701/article_3.html

そして心はメガリスの崩壊(1/20,オタクイーンの「恋するネヴュラ」 )
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/01/post_8ef6.html

|

« 先月観た3本 (犬神家の一族、NANA2、めぐみ) | トップページ | 1月に買った18冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/5002778

この記事へのトラックバック一覧です: 写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々:

« 先月観た3本 (犬神家の一族、NANA2、めぐみ) | トップページ | 1月に買った18冊 »