« 「疾風迅雷」を買いそうになるまでのプロセス | トップページ | 名古屋テレビ塔と通天閣を、同じ日に堪能 »

2007/04/16

初GR片手に、上野・御茶ノ水・秋葉原

初めてデジカメを持ったのは、周囲よりは早くて、95年末のこと。
コダックDC-40という双眼鏡みたいな機種(たしか38万画素)で、取り出すのが、ちょっと照れくさかったような記憶がある。

その後、何台か乗り換えつつ20世紀末を過ごし、02年頃からはデジカメを所有せず、何も撮らなかったり、ケータイで済ませたりしてきた。

しかし、ここ数ヶ月、公私ともに写真撮影の機会が増えてきたこともあり、思い切って、以前から気になっていたGR DIGITALを購入してしまった。
(通常の店頭価格ではきつかったので、2万円ほど安く買えるところを調べて)

で、ついでに、上野まで足を伸ばしダヴィンチ展を見たり、御茶ノ水や秋葉原をうろうろしてみた記録が、以下の写真。

Ueno00

Ueno02

Ueno05_1

Ueno10_2

Ueno13

Ocha03

Ocha01_1

Jinbo

Akiba

操作感その他については、また、改めて。


|

« 「疾風迅雷」を買いそうになるまでのプロセス | トップページ | 名古屋テレビ塔と通天閣を、同じ日に堪能 »

コメント

上野、御茶ノ水界隈の写真、往事(?)を懐かしく思い出しました。電柱と電線、
いいですね。どこでしょう。御茶ノ水から上野にかけて、けっこう歩いていける
距離にあるんですね。駅の路線図で見ると、離れているように見えるのですが。
これからもGRでの写真、たのしみにしてます。では!

投稿: Muraucchan | 2007/05/04 10:46

Muraucchanさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
懐かしんでいただけて、何よりです。

電柱・電線は、けっこう好きな被写体です。
写真のは、お茶の水と神保町の間ぐらいだったと思います。

上野・お茶の水間は、たしかに離れていますので、秋葉原まで電車に乗って、そこからお茶の水・神保町と歩きました。
またのお立ち寄り、お待ちしています!


投稿: ラコスケ | 2007/05/04 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171211/6108521

この記事へのトラックバック一覧です: 初GR片手に、上野・御茶ノ水・秋葉原:

« 「疾風迅雷」を買いそうになるまでのプロセス | トップページ | 名古屋テレビ塔と通天閣を、同じ日に堪能 »