« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

名古屋で、「Q」「マン」のアート展に行ってきました

先日、関西行きの途中下車で名古屋テレビ塔を撮ってきたことを載せましたが(参考)、実は、急遽、名古屋に立ち寄ることにした真の目的は、別にありました。

これです。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年 [オブジェクツ・サブジェクツ]

(4/12~5/7,  名古屋パルコ西館8階 パルコギャラリー)
http://www.parco-nagoya.com/web/gallery/07ultraman/

「アートとしての目線であらためてヒーローと怪獣の造形を、写真とオリジナルブロップを通して見直してみる企画趣旨の基に展示公開いたします。」
とのことで、昭和特撮、そしてジャンル問わず企画モノが好きな僕には、なかなか面白そうな気がしたもので。

実は、昨年12月に渋谷パルコでやっていた際、知りつつも行きそびれていたので、今回、関西行き当日にオタクイーンさんのブログ(後述)で気づき、ラッキーでした。

で、現地に到着。

Ultra2

モノクロとはいえ、けっこうしっかりしたパンフレット(これだけで入場料分の価値があるかも)を受け取って入場。
それから約15分間、「ウルトラQ」「ウルトラマン」の小道具やらミニチュアやらの実物およびレプリカを堪能してきました。

正直、もうちょっと点数が多ければ、とか、もうちょっとライティングがそれっぽければ、とか、思うところはありましたが、とにかくこうして観られたたけでも感謝感謝。

保存されていることが奇跡のオブジェの数々の中、もっとも心惹かれたのは、「マン」の科学特捜隊基地のカタパルト。
最近、建物や鉄骨ぽいものの写真を撮りたくなるのと同じ方向で、右脳に響いたみたいです。
あと、「Q」で使われた遊園地のコーヒーカップや、巨大なカメラも。

その他、あれもこれも、近くで質感を確認できたのがグッド。

触れることは出来ずとも、それぞれの物が作られた過程、撮影された過程、その後、生き延びて保存された過程などもイメージしつつ、思いを馳せることの喜びを、しばし味わいました。
僕の場合、ウルトラマンとまったく同年生まれということもあり、いろいろ考えさせられたりもします(笑)

展示物についてもっと知りたい方は、「オタクイーンの『恋するネヴュラ』」の下記エントリーに目を通されることをお奨めします。

総天然色ウルトラQ
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_c9d0.html
桜井Pとの約束(接触篇)
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_259f.html
桜井Pとの約束(発動篇)

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_0f1c.html

後ろ2つで触れられているトークショーは、僕が行った当日の14時から行われていたもの。
もう少し早く気づいていれば・・・と思うと、残念。

包装紙にそそられつつ、かさばるので僕は見送ったおみやげ(瓦せんべい)についても書かれています。

 

ウルトラ風味http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_2792.html

以上、オタクイーンさん、ありがとうございました。
(TBは、最新エントリーにのみさせていただきました)

Ultra



特撮関連イベントといえば、そういえば、ここ数ヶ月間で、

Oh_1

ビジュアルジャーナリズムをきり拓く 元祖オタク OH 大伴昌司の世界
(1/30~2/23, 京都大学百周年時計台記念館 歴史展示室内)
http://www.nifty.com/ohtomo/

と、

Ifukube

伊福部昭音楽祭(3/4, サントリーホール 大ホール)
http://ifukube-fes.com/?page_id=5

なんてものにも行く機会がありました。

往年の特撮作品をDVDや再放送で観ることには、さほど関心がないものの、その断片や周辺にあるものを体験すること、そこで得た感覚を他で活かすことには、感度が高まっているような気がします。

このあたりについては、うまい言葉が見つかったら、あらためて書いてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/29

蜘蛛男のいる風景

前エントリーに続いての渋谷ぶらり街歩き編。

すっかり「スパイダーマン3」に占拠されている様子を、記録してみました。

Spiderman3_1

東急東横店の両サイドも。

Spiderman2

Spiderman4

下記エントリーによれば、ほぼ2週間前から掲出しているようです。

4月16日(月)今日の渋谷109前交差点(でじたる渋谷NEWS BLOG)
http://digishibu.studio-cue.jp/?day=20070416


とどめは、これですか。

Spiderman1

結論。スパイダーマンには夜が似合う。


<4/30追記>
銀座は、更に派手でした。

Spiderman5

やっぱり夜が似合う。

1・2作目は未見ながら、今回はGW中に観てみる予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広告の裏側

先日、渋谷でエスカレーターに乗っていて、ふと見上げると、こんな巨大な顔が!

Kou3_1

地上から見上げるのは他でも経験ありますが、目の前にこの大きさの顔があるというのは新鮮。
かなりのインパクトを感じました。

最初に連想したのは、「ウルトラマン」の巨大フジ隊員でした。
(古い話で恐縮です)

で、肝心の反対側、というか表側は、こうなっています。

Kou4

これだと、普通ですよね。

ちなみに1階も、柴咲コウです。

Kou2


個人的には、「メゾン・ド・ヒミコ」と「県庁の星」を観て以来、女優・柴咲コウファンですが、歌手としては未体験。

今回は、ちょっと聴いてみようかと思ったりしています。
すっかり宣伝に乗せられてますね。


嬉々 Music 嬉々

アーティスト:柴咲コウ
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2007/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

おまけ。

Kou1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

名古屋テレビ塔と通天閣を、同じ日に堪能

昨年、

タワー―内藤多仲と三塔物語 Book タワー―内藤多仲と三塔物語

著者:INAXギャラリー企画委員会
販売元:INAX出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を買ってから、行ってみたいというか、写真を撮りたいと思っていた名古屋テレビ塔と通天閣に、この度、行ってきました。
しかも、同じ日に。
(関西での結婚式出席にあわせて、名古屋にぶらり途中下車)

名古屋テレビ塔
Tvtower6_2 Tvtower8_1

通天閣
Tsuutenkaku6_1

Tsuutenkaku_2
 
といった感じで全体を眺めるのも良いのだけど、今回、自分が心惹かれたのは、意外にも脚部でした。

こんな感じ。

Tvtower  Tsuutenkaku4_1

Tvtower4  Tsuutenkaku2

要は、巨大ロボット的な感覚をかもし出しているあたりが、良いのかな、と思います。

そういう目で見ると、以下2枚がお気に入り。
(名古屋テレビ塔の方が周辺にスペースがあり、色々な角度で撮りやすいです)

Tvtower5

Tvtower2


巨大ロボットといえば、名古屋の街角では、こんな光景に遭遇。

Robotmuseum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

初GR片手に、上野・御茶ノ水・秋葉原

初めてデジカメを持ったのは、周囲よりは早くて、95年末のこと。
コダックDC-40という双眼鏡みたいな機種(たしか38万画素)で、取り出すのが、ちょっと照れくさかったような記憶がある。

その後、何台か乗り換えつつ20世紀末を過ごし、02年頃からはデジカメを所有せず、何も撮らなかったり、ケータイで済ませたりしてきた。

しかし、ここ数ヶ月、公私ともに写真撮影の機会が増えてきたこともあり、思い切って、以前から気になっていたGR DIGITALを購入してしまった。
(通常の店頭価格ではきつかったので、2万円ほど安く買えるところを調べて)

で、ついでに、上野まで足を伸ばしダヴィンチ展を見たり、御茶ノ水や秋葉原をうろうろしてみた記録が、以下の写真。

Ueno00

Ueno02

Ueno05_1

Ueno10_2

Ueno13

Ocha03

Ocha01_1

Jinbo

Akiba

操作感その他については、また、改めて。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/11

「疾風迅雷」を買いそうになるまでのプロセス

(1)コンビニで、猪木のテーマ「炎のファイター」使いのラップを聴いて、「そういや、前に『燃えよドラゴン』使ったのもあったなー」などと思いつつ、誰がやっているのかと気にしてみる。

(2)翌日、たまたま観たテレビでDJ OZMAの新曲らしいと知る。けっこう気に入る。

(3)もうダウンロードできるかと思い、iTunes Storeに行くと見あたらず。これから発売と知る。

(4)検索して、レコード会社のサイトでPVが観られることを知る。
http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/djozma/

(5)PVを5回連続で観る。

(6)翌日、渋谷で、こんな光景と遭遇する。

Ozma

(7)たぶん、4/25には買ってしまう、と思っている。

以上


この手の大ネタラップとしては、80年代末期、デビュー前のスチャダラパーがコンテストで「太陽にほえろ!」使ったのが伝説となっているが(当日、同じく出場したという知人によれば、大変な盛り上がりだったらしい)、たぶん商品化されていない。
そろそろ出してくれないものか。

ちなみに僕が聴いたことあるのは、FMのライブで、スカパラの演奏をバックにしたやつ。
もう15年以上前?


あと、誰かが、オールナイトニッポンのテーマ「ビタースイートサンバ」(ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス)使ってラップしてくれたら、嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

最近、緑のもの

Sihnryoku

先日の桜に続いて、こんなものを撮りたくなって、ちょっと近場を散策。
普段は、割と派手な色遣いが好きな僕だが、こういうのもいいな、と思う。

で、緑つながりで、こういうのとか、

Wagashi

こういうのを

Yebisuthehop2

口にしたくなるわけです。

エビス・ザ・ホップは、1回目はピンとこなかったけど、2回目はけっこううまいと思った。
キリン・ザ・ゴールドも同じだった。

なぜだろう?

<追記>

緑といえば、2週ほど前のこれもそうだった。

Shibata_1

マウスピース自体もさることながら、それを元に表紙の色を決めているのが、個人的には面白かった。

試合は、対峙した雰囲気とか終了後のマイクに、久々に心惹かれるものがあった。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200703/12/a08.html





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

シングルCDで90年代を聴きまくった土曜午後

90年代の象徴?CDシングルに、かつて、こんなアダプターがあったことを、どれぐらいの人が憶えているのだろう。

Cdsingle4

僕自身、昨年、Mac miniを使うようになって、手持ちのCDシングルがそのままではローディングできないことに気づいてから、15年ぶりぐらいに思い出した。
で、最近アダプターが借りられたので、昨日、思い切って40枚ぐらいiTunesに入れてみた。

以下、自分以外には、あまり役立たないセレクトションと承知の上で、大まかに分類しつつ、ご紹介。

曲の全部もしくは一部にハウス感のある曲
Cdsingle1

ハウスというか、単なる四つ打ちの曲も含めてもろもろ。そういえば5年ほど前、この他、「Fade Out」(小泉今日子)・「シュラバ★ラ★バンバ」(サザン)なんかをあわせて、「ハウス歌謡」と称したMDを編集したことあり。

この中では、宇多田ヒカルのが、曲もさることながらジャケットが気に入っている。昨年、知人宅でレコード持ち寄りパーティーをやった際に、往年のドーナツ盤タテ長ジャケットと並べてみたことがあるが、まったく負けていなかった。
このとおり↓

Tatejacket

閑話休題。


カラオケで歌った曲

Cdsingle2

1~2回で諦めた曲も、かなり歌い込んだ曲も含めて、もろもろ。

「東京」は、草刈正雄似の男と、長髪の切れ長の目をした女が登場するレーザーカラオケが懐かしい。いつか、観てみたい。
1枚だけ紛れ込んだ70年代・野口五郎は、「私鉄沿線」もさることながら、「季節風」が、とにかく好き。あまり知られていないようだが、野口五郎主演映画の主題歌で、僕の中ではスケールを感じる1曲。

その他(女性ボーカル編)
Cdsingle3

C.C.ガールズのは、ジャケ目当てで中古で購入したものだが、けっこう音に厚みがあり、いい。
UA「数え足りない夜の足音」は、今回一番の収穫かも。今後、繰り返し堪能することになりそう。

その他(男性ボーカル編)
Cdsingle5

「恋をした夜は」は、ある披露宴のトリで友人と歌ったことがあるが、かなりひどい出来で、後々まで新郎から愚痴られたのだった。


以上、飲みの予定をキャンセルする程度に疲労していた土曜午後に、元気をくれた曲たちに感謝。

この他、洋楽でも、ディー・ライトやブランニューヘビーズなどを久々に聴いて、90年代をすっかり満喫したせいか、今朝は、変なユメを2本立てで鑑賞してしまった。
いずれも、90年代前半に住んでいたエリア(大阪、NY)が舞台で、当時、好きだったプロレスがらみの内容。

大阪は今月、結婚式で足を運ぶので、ついでに当時ゆかりの場所を巡ってみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/03

酒粕は、そのまま

Sakekasu

酒を思うように飲めなかった(当たり前だが)子供の頃も、禁酒したり痛飲したりしている今も、変わらず好きなのが酒粕。

甘酒とか粕汁で使うのも良いが(昔は、網で焼いたりもした)、なんといってもそのまま、が、たまらない。

特に小腹を空して帰った夜、ふと冷蔵庫に残しておいたことに気づき、スプーンですくいながら、ちびちび食べるのが、いい。

周囲で、こんな食べ方をしている話を聞かないが、僕の他にもいるのだろうか?

※写真のは、2月の会津旅行で購入。酒蔵に近いせいか水分が多く、かなり好みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

「オトコ香る。」の包み紙は5種類?

Otokokaoru3

オトコ香る。(カネボウフーズ)
http://www.kanebofoods.co.jp/goods/okasi/otoko.html

かむとカラダから“ちょいワル男”のにおいがするガム――名付けて『オトコ香る。』(デジタルARENA)
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060713/117659/

新聞か何かで存在は知っていたけど、現物は初めて。
(どうやら、人気で販売休止になっていたらしい)

さっそく2つ購入して、ミーティング中に立て続けに10枚ほど噛んでみるが、夕飯どきで弁当の匂いの立ちこめた部屋では、分かるはずもなく。

それよりも目を引いたのは、包み紙。
黒と赤の混ざり具合、9枚入りなのに包み紙は5種類といったあたりが、面白い。

クチコミ目当てと分かっていても、取り上げておく。

この他、50パックに1枚とかで、シークレットデザインがあるのでは?と思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリン・ザ・ゴールドとかエビス缶の変更とか

日常で接するデザインで、僕が好きなものの一つがビール缶。

年末年始に実施していた禁酒が、いつの間にか節酒になり、その後すっかり元通りの今、新発売のビールがあれば、とりあえず試している。

で、3/20から発売のキリン・ザ・ゴールド。

Kirinthegold

最初は、なんで「隠し苦味」というのかピンとこなかったけど、少しぬるめにして飲んでみたら分かった。
まあ、けっこう飲みやすい。
肝心の(?)デザインも、まあまあ。

缶といえば、エビス缶の色が変更になった。
半月ほど前、たまたま入れ替え時期で新旧2種類が並んでいて気づいた。

Yebisu

右が新しいほう。
まだ前のほうが良いと思ってしまうけど、他社製品で似た色のがあるので、仕方ないかなと思ったり。

エビスといえば、今週、緑色の新製品が発売になるようで、ちょっと楽しみ。

限定だった琥珀エビスも、また発売してくれると嬉しい。

Beer

(正月に撮影)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

今日も、桜。

昨日の花見に続いて、今日は地元を散策しつつ、花見。

というか、ひとり桜撮影会。

Sakura3

ブログ写真の習性で、ついつい寄ってしまう。

Sakura4

Sakura2

Sakura1

普段は、自然とかアウトドアとかの人ではないのだけど、けっこう素直に感激している自分に気づき、ちょっとホッとしたり。

Sakura5

あー、いい。

ケータイでこの程度、撮れてしまうと(W41CA使用)、デジカメいらないや、という気持ちになりつつも、そろそろ欲しいなGR。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花・渋谷・雨

渋谷にも桜があるのだと、初めて知ったのが1週間前。
道玄坂にて、撮影。

Shibuyasakura1

Shibuyasakura2

で、昨日は、渋谷駅から徒歩10数分の公園で、花見。
ほど良い広さ・人出で、良い感じ。
誘ってくれた友人に感謝感謝。

Hanami2

Hanami1

Hanami4

スーパーで購入という割には、けっこううまかった寿司。

Hanami6

その後、こんな照明のカフェに移動して2次会。
15人ぐらいでワイワイと。

Shibuya0

外に出てみると、すっかり雨+突風。

Shibuya_1

おかげで、短時間で酒が抜けていく。

Shibuya3

雨+ネオンといえば、いまだに「ブレードランナー」を思い出す。
渋谷にも、雨が実に良く似合う。

この光景に刺激され、0時前というのに、このまま帰りたくない欲が高まり、一人、山下書店(24時間営業)へ向かうことに。

Shibuya4

Shibuya5

Shibuya7

Shibuya8

うん、なんか街が艶っぽい。

山下書店で鋭気を養ったあと(ここの雰囲気は妙に好き)、ふたたび駅に向かう。

Shibuya9

Shibuya10

こ・わ・い。


おまけ。
桜で思い出したが、半月ぐらい前にこんなものを買っていた。

Sakurastaba

そういえば、シャツやタイも花柄が好きだったりする。

以上、すっかりあいて1ヶ月半ぶりのエントリー。
また、ぼちぼち書いていくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »