2007/01/21

写真集: 我が「日本沈没」追っかけの日々

先日、渋谷交差点付近を歩いていて、TSUTAYA前で「日本沈没」DVDの柱広告を発見。

Shibuya

作品自体についての評価は正直芳しくないものの、「日本沈没」の4文字・ロゴに心惹かれプロモーションを追っかけ、それを移転前のブログで発信し続けた日々(参考)がある者としては、このデザインに触れただけで反応してしまうわけで、愛機W41CAで撮影した次第。

帰宅してからPC内をあさっていて、1年前、それも同じ1月18日に渋谷で同じようなことをしていたことに気づきました。

Shibuya06

Shibuya06day

横の作品とは違い、公開まで半年以上ある時点での掲示開始(05年12月か06年1月)というのが大作感があり、個人的な「沈没」思い入れを割り引いても興味をひいたものです。

ちなみに、同じ場所は、同じく東宝×TBS×柴咲コウの「どろろ」が引き継ぎました。

Dororo

(昨年末ぐらいまでは柴咲舌出しバージョンで、見上げると、かなりインパクトがあった)


以下、「沈没」を追っかけた日々を写真で回想。


昨年5月末、武道館プレミア試写会。

Budokan1
(Tシャツの背中にも注目)

Budokan2

Budokan3

そして、3時間半後。
Budokan4 

試写会以降、プロモーションが活発に。


6月初旬、名古屋。

Nagoya

Nagoya2


6月下旬、川崎。

Kawsaki2


7月初旬(公開直前)、札幌。

Sapporo_1


旭川。

Asahikawa


浜松町。

Hamamatsuchou


主題歌の看板も出現。恵比寿。

Ebisu


そして7月15日、いよいよ公開。
2日目にとしまえんで行われた樋口監督トークショー開始直前の図。
(左端が、何かと話題になった『名古屋沈没』ポスター)

Toshimaen


7月下旬、川崎駅構内。今回掲載した中では、いちばん好きな写真。

Kawasaki


8月下旬、銀座。
ここでは、9月の最終上映で鑑賞。

Ginza


9月中旬、「日本以外全部沈没」が、渋谷に続いて川崎で公開。

Allchinbotsu


で1週間だけ、「沈没」と「全部沈没」が同じ劇場で公開されるという状況に。

Wchinbotsu


4ヶ月後、我が家では仲良くDVDが同居中。

Dvd

いずれも、オーディオ・コメンタリー(『沈没』は、樋口監督×草なぎ剛、『全部沈没』は、河崎監督×村野武範)が楽しい。
「沈没」スペシャル~エディションの特典の台本・ストーリーボードは、たしか渋谷タワレコで展示してました。(1月19日時点)

最近、仕事で、ある状況下にて一言一句にキリキリするようなことが続き、正直かなり疲れていたのですが、今回のエントリーまとめたら、少しスッキリしました。
また、ぼちぼちでもブログは続けるようにします。

最後に、以前よりお世話になっている「沈没」仲間のエントリーを紹介しておきます。
さすが、お二人とも早いですね。
これからもよろしくお願いします。

日本沈没DVDスペシャル・コレクターズ・エディション購入(1/18, 太っちょうさぎの天然のほほん雑記帳)
http://futousa.at.webry.info/200701/article_3.html

そして心はメガリスの崩壊(1/20,オタクイーンの「恋するネヴュラ」 )
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/01/post_8ef6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

目覚めれば、ヨドバシ

Yodobashi

先日の大阪出張、朝、カーテンをあけてみたらこんな光景だったので、少しだけ驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

クリスマス・イン・カワサキ

ひさしぶりに川崎チネチッタでひとり鑑賞(NANA2)。

イブ前夜のわびしさを吹き飛ばす程ではなかったが、それなりに楽しんだ後ふりかえってみると、タワー感を活かしたデコレーションが目を引いた。

Citta2006

ちなみに去年は、こんな↓感じだった。
構図が違うので(ネオンの光るタイミングも)単純比較はできないが、今年のほうが手前も賑やかな模様。

Citta2005

なお、駅の反対側、オープン以来、強い集客力を誇るラゾーナの初クリスマスは、以下のとおり。
意外とおとなしめか。

Razona

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

渋谷TSUTAYAは、どう変わったか

先日、「県庁の星」DVDを買いに渋谷TSUTAYAに寄ったら、いつの間にか店内がリニューアルされていて、少々びっくり。

内装に木目が取り入れられていたことに加え、フロア構成の変化が目に付きます。


で、記憶とリニューアルパンフを元に、新旧フロア構成を書き出してみました。

6F; BOOK&CAFE (変わらず)
5F; <旧>コミック  →   <新>レンタルDVD(洋画)
4F: <旧>レンタルDVD(邦画)→ <新>レンタルDVD(邦画・アニメ・アダルト)
3F: <旧>レンタルDVD(洋画)→  <新>レンタルCD、レンタルDVD(邦画・TVドラマ)
2F: <旧>DVD・ゲーム →  <新>CD
1F: <旧>DVD(新作、廉価版など)→  <新>DVD(洋画)
B1: <旧>CD  →  <新>コミック、DVD(邦画・アニメ)
B2: <旧>レンタルCD   →  <新>ゲーム、中古(ゲーム、DVD、CD)

※レンタルと書いていないところは、いずれも販売
※旧フロアの3F・4Fは逆だったかも

ユーザーから見ての大きな変更点は、以前は分かれていたレンタル系のフロアが3階から5階に固まり、直感的に分かりやすくなったことでしょうか。

あと、CDがレンタル・販売とも地上階に移ったことで、単純にこの店で音楽に接する機会が増えるように思います。3Fでは、DVDとCDをセットで借りさせるような陳列も可能でしょう。

店頭では気づかなかったのですが、パンフでは、1・2階のスタバで買ったドリンクを全フロアに持ち込めることが強調されています。
「各フロアに設置してあるドリンクホルダーをご利用ください」
「飲み終わったカップは、フロアに設置してあるゴミ箱にお入れ頂くかお近くのスタッフに直接お渡しください」
とのこと。
これで平均滞在時間が長くなるかな。

連休前にレンタルしたときに面白かったのは、邦画(韓国ものも同じフロア)レンタルのレジ前は行列になっていたのに洋画レンタルのほうはすいていたこと。
最近の邦高洋低傾向なのか、たまたまなのか分かりませんが、極端に違っていたのに驚きました。

個人的にさびしかったのは、旧作邦画DVD(販売)の品揃えが少なくなったように見えること。
ちらっと見ただけなので、どこかに隠れてるのかも知れませんが。

<参考>

渋谷「TSUTAYA」が全面改装へ、内装・フロア構成刷新(10/20, シブヤ経済新聞)http://www.shibukei.com/headline/3768/index.html?ref=rss

あと、HMVの上も変化がありました。落ち着くスペースが増えたのは嬉しいです。

青山ブックセンターHMV渋谷店が11月1日にオープン(青山ブックセンター)
http://www.aoyamabc.co.jp/special/hmv-shibuya_open.html


<11/9追記>

そういえば、以前の中古(CD、DVD)売り場について書くのを忘れてました。たしか、4Fか5Fだったと思いますが、憶えている方、いらっしゃいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

映画都市カワサキ

9月末オープンのラゾーナ川崎(けっこうすごい集客状況)内に109シネマズが出来て、川崎駅近辺のシネコンが3つになりました。

チネチッタ(18本)
http://www.cinecitta.co.jp/index_flash.shtml

TOHOシネマズ川崎(12本)
http://www.kawasaki-dice.com/shop/thc/toho_cinemas.html

109シネマズ川崎(15本)
http://109cinemas.net/kawasaki/index.html

※かっこ内は、本日の上映映画数

僕は、10年程前にチネチッタで映画を観るようになって以来、映画といえば8割方、川崎、という人なんですが、これだけシネコンが密集してきた状況には素直に驚かされます。

当然のごとく、上映作品の重複も発生しています。
ざっと拾ってみると、以下のとおり。

3館上映中

・デスノート the Last name
・手紙
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
・ブラック・ダリア
・父親たちの星条旗(字幕版)
・ワールド・トレード・センター

2館上映中

・7月24日通りのクリスマス
・フラガール
・涙そうそう
・ただ、君を愛してる
・16ブロック

上記をふくめて3館で上映している映画は合計27本。
渋谷あたりには負けるでしょうが、けっこうな本数といえるのではないでしょうか。

「ゆれる」など単館系の作品も取り上げる109シネマズの参入で、多様性も増し、川崎が映画の街になっていくのか、あるいは淘汰されていくのか。

設備や雰囲気、キャラメルポップコーンの味(?)などでの、総合的な満足度は、やはりチネチッタが圧倒的ですが(さすが3年連続日本一)、待ち時間に他のフロアで本やCDを見て時間をつぶしやすいTOHOシネマズ、駅からのアクセスの良さやロビーの椅子がうれしい109シネマズにも、良さがあり、今後いい意味で競い合ってくれることを一観客として願っています。

Kingkong_1











※今年1月にチネチッタというかチッタデラで撮った1枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)