2007/04/30

名古屋で、「Q」「マン」のアート展に行ってきました

先日、関西行きの途中下車で名古屋テレビ塔を撮ってきたことを載せましたが(参考)、実は、急遽、名古屋に立ち寄ることにした真の目的は、別にありました。

これです。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年 [オブジェクツ・サブジェクツ]

(4/12~5/7,  名古屋パルコ西館8階 パルコギャラリー)
http://www.parco-nagoya.com/web/gallery/07ultraman/

「アートとしての目線であらためてヒーローと怪獣の造形を、写真とオリジナルブロップを通して見直してみる企画趣旨の基に展示公開いたします。」
とのことで、昭和特撮、そしてジャンル問わず企画モノが好きな僕には、なかなか面白そうな気がしたもので。

実は、昨年12月に渋谷パルコでやっていた際、知りつつも行きそびれていたので、今回、関西行き当日にオタクイーンさんのブログ(後述)で気づき、ラッキーでした。

で、現地に到着。

Ultra2

モノクロとはいえ、けっこうしっかりしたパンフレット(これだけで入場料分の価値があるかも)を受け取って入場。
それから約15分間、「ウルトラQ」「ウルトラマン」の小道具やらミニチュアやらの実物およびレプリカを堪能してきました。

正直、もうちょっと点数が多ければ、とか、もうちょっとライティングがそれっぽければ、とか、思うところはありましたが、とにかくこうして観られたたけでも感謝感謝。

保存されていることが奇跡のオブジェの数々の中、もっとも心惹かれたのは、「マン」の科学特捜隊基地のカタパルト。
最近、建物や鉄骨ぽいものの写真を撮りたくなるのと同じ方向で、右脳に響いたみたいです。
あと、「Q」で使われた遊園地のコーヒーカップや、巨大なカメラも。

その他、あれもこれも、近くで質感を確認できたのがグッド。

触れることは出来ずとも、それぞれの物が作られた過程、撮影された過程、その後、生き延びて保存された過程などもイメージしつつ、思いを馳せることの喜びを、しばし味わいました。
僕の場合、ウルトラマンとまったく同年生まれということもあり、いろいろ考えさせられたりもします(笑)

展示物についてもっと知りたい方は、「オタクイーンの『恋するネヴュラ』」の下記エントリーに目を通されることをお奨めします。

総天然色ウルトラQ
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_c9d0.html
桜井Pとの約束(接触篇)
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_259f.html
桜井Pとの約束(発動篇)

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_0f1c.html

後ろ2つで触れられているトークショーは、僕が行った当日の14時から行われていたもの。
もう少し早く気づいていれば・・・と思うと、残念。

包装紙にそそられつつ、かさばるので僕は見送ったおみやげ(瓦せんべい)についても書かれています。

 

ウルトラ風味http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_2792.html

以上、オタクイーンさん、ありがとうございました。
(TBは、最新エントリーにのみさせていただきました)

Ultra



特撮関連イベントといえば、そういえば、ここ数ヶ月間で、

Oh_1

ビジュアルジャーナリズムをきり拓く 元祖オタク OH 大伴昌司の世界
(1/30~2/23, 京都大学百周年時計台記念館 歴史展示室内)
http://www.nifty.com/ohtomo/

と、

Ifukube

伊福部昭音楽祭(3/4, サントリーホール 大ホール)
http://ifukube-fes.com/?page_id=5

なんてものにも行く機会がありました。

往年の特撮作品をDVDや再放送で観ることには、さほど関心がないものの、その断片や周辺にあるものを体験すること、そこで得た感覚を他で活かすことには、感度が高まっているような気がします。

このあたりについては、うまい言葉が見つかったら、あらためて書いてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)